テニススクール ノア 倉敷校

〒710-0003 岡山県倉敷市平田615番地1 ※お電話受付時間は[地図アクセスページ]でご確認ください。

086-430-0400

BBQ大会~!!

肉肉大会おつかれさまでした~
第38回スクール生バーベキュー大会 
無事晴天に恵まれ、爽やかな風がほのかに吹き込んでくる
そんな緑豊かな大地にひっそりとたたずむドームコート
閑静な大自然の中で繰り広げられた汗と涙の感動巨編
 
打ったり~、走ったり~、ラジバンダリ~
肉焼き~の乾杯し~の、嫁ぎ~の
その一部始終をどうぞ

      


何で終わりやね~ん
と言うことで、BBQ大会へ参加していただいた皆様
お疲れ様でした~
こんばんはジャイアントです。
詳しくはスクールのホームページにのせる予定なので
ブログではお疲れ様でしたのお礼と
早く載せれば、参加の方々同士のセッションなんかもないかな~と期待しつつ
更新しております。
テニスも楽しく、お肉もおいしくいただけて良い雰囲気の中、無事終了出来たのではないかと思っております。
バッサリ切られたりして~
とにかくご参加ありがとうございました。
7月26日(日)には、アソシエゴルフコンペがありますので、よろしくおねがいします。

返信内容:

8 Comments
  1. 子ペンギン 投稿日 2009年7月16日 | 返信
    日曜はお疲れ様でした~、ってもうすぐ金曜になりますね~ハハハ…。 いや~今回は…支配人とオスギのペアと対戦出来て楽しかったよ~。まぁかなり手を抜いてくれてたようですが…。 今度はゴルフか~…PS2の「みんゴル」ならな~。
  2. 左向きの兎 投稿日 2009年7月17日 | 返信
    アソシエドームはすばらしいですね~ 私も何度もプレーさせてもらいました。 行きは・・牛小屋の横を通って・・・帰りは・・・「さすがに牛窓だ~ハーバーのヨットが凄くお洒落~~ディンキーから大きなヨットまで・・かっこいいぞ~~」 ・・・ん? ドームに行くときはこんなシーンなかったぞ・・・あれれ・・・また道を間違ってる・・・ ところで、現在イギリスのターンベリーでゴルフの全英オープンが行われています。 石川遼君は・・なんとタイガーウッズとリー・ウェストウッドとのペアリング・・・ 両者に全く臆しないで溌剌とプレーする石川君には日本のゴルフの夜明けを感じさせられます。 ところで、このタイガーウッズとテニスのロジャーフェデラーは大の仲良しで親交も深く、メールも頻繁に送りあうメル友でもあるそうです。 どんなメールがお互いに交わされるのでしょうか・・・ ロジャー:(やったよ~ウインブルドン勝っちゃいました・・去年はナダルの奴にひつこく粘られちゃったけど・・今年はロディックに粘られちゃって・・苦労しました。 でも・・勝ててうれしいです~~) タイガー:(おめでとうロジャー。やったねルンルン【ハートマーク】。 また近いうちに食事をしようか。今度は僕が迎えにいくからね。) ・・・この『迎えに行く』という軽い言葉に、プライベートジェットが世界の国境、大海を超えスイスからアメリカまで飛んでくるというイメージがなかなかわかないのはあたりまえでしょうか・・・
  3. 支配人 投稿日 2009年7月17日 | 返信
    子ペンギンさんオツカレーションです!! ご参加ありがとうございました~。ズバッと斬られる子ペンギンさんのダメだしがなかったのがなによりです~(笑) 次はペアを組んでオスギに挑戦しましょう! イベントは・・・模索中なので・・・いい案があればまた提案してください。 左向きの兎さんこんにちは。 ・・・相変わらず。『道』には縁がないですか~?(笑) ウッズがフェデラーの試合に来てる映像はよく見かけましたね~。フェデラーがウッズの試合の観客の中にはさすがにいたことはないんですかね~?。その情報は持ってますか~?兎さん!!(笑)
  4. マダムM 投稿日 2009年7月18日 | 返信
    こんばんは!支配人&左向きの兎さん 「坂の上の雲」まだ途中なんですが・・・、 とてもじゃないけれどこの場で感想を述べるのは難しいと思うくらいさまざまな思いを感じますね。 あの時代があるから今があるのでしょうか・・・。私、歴史は好きじゃなかったのですが興味がわきました。語りたいことはたくさんありますが、ここは支配人のブログ!やめときます(笑)
  5. 支配人 投稿日 2009年7月19日 | 返信
    こんにちは~マダム♪ ここしか今のところ兎さんとセッションできる場所がないですよ~。 僕のことは気にせず兎さんに語りかけてみてください!! 何倍にもなって返してくれますよ~(笑) さあ!一緒にお呼びしましょう~ せ~の! うさぎさ~ん!時間~で~すよ~!
  6. 左向きの兎 投稿日 2009年7月19日 | 返信
    >マダムM様 どうぞどうぞ遠慮なく語ってください・・ (支配人よろしくお願いします。) 「坂の上の雲」は司馬遼太郎作品の中でも数少ない近代の物語です。 しかも、M様のご出身の県の主人公ですから、興味もわきますね。 今きっと司馬遼太郎作品の魅力に惹かれてしまってますね・・マダムM様は・・・ 読み始めはなかなか進まなかったページもどんどんとめくれていってるのではないでしょうか? しかも時折ある「余談ながら」の台詞・・良いでしょう~~司馬遼太郎氏の素晴らしいとこは、膨大な資料をもとに作品を築くので、偏りの無い中立な立場で主人公たちの想いを伝えてくれます。 氏の有名なエピソードとしては、次回の司馬作品は神田の古書店を見ていればわかるというものでした。 古書店街に何台も本を運ぶ車がつけられ、ある武将とかに関する書籍が全て棚から消えるそうです。普通の作家は必要な本を資料として持ち帰るのですが、司馬氏は書生達に全て運ばせた中から不要なものだけを返すいうスタイルだったようです。 M様、その本が読み終えたら、同じ四国内の土佐とかに関わる歴史物はどうですか? 熱いですよ~土佐の歴史は。
  7. 追加の兎 投稿日 2009年7月19日 | 返信
    マダムM様 読み終えたら教えてください。 「坂の上の雲」に関していろいろと語りましょう。
  8. マダムM 投稿日 2009年7月20日 | 返信
    >左向きの兎様 そうですね。いろいろと教えていただきたいです。公の場では声を大にして言えない話も出てきそうですよね。 土佐ですか!土佐と言えば山之内一豊の妻でしょうか!?坂本竜馬? いづれにしても、幕末から明治にかけての歴史は複雑で難しいですね。だから面白みがあるのでしょうか・・・。 そうですね~、読み終えたら支配人に報告いたしま~す。

コメントを残す

Reset all fields

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)